Pocket

前回の記事「工務店の財務状況がまるわかり、その方法とは」で、工務店の財務状況を知るためには建設業許可申請書を閲覧することが有効だとお話しました。
建設業許可申請書には、普通なかなか開示してくれないような売上や利益などの情報も記載されていますので、その工務店の財務的信用力を確認するためには非常に有効な手段です。

今回は、その建設業許可申請書の具体的閲覧方法をご紹介します。

建築業許可申請書の閲覧手順

建築業許可申請書は各工務店の主たる営業所(本社)がある土木事務所などで見ることが可能です。今回は、兵庫県で建築業許可申請書を閲覧すると想定して、その具体的方法を記載していきます。

1.工務店の基本情報を確認

まず工務店のホームページ等で会社の住所、建築業許可番号を手に入れます。
営業所など複数の住所がある場合は本社の住所を調べて下さい。
兵庫県の場合、建築業許可番号は以下の例のようになっています。

建設業許可:兵庫県知事(般(特)-●●(●●には更新年))第○○○○○○○○号

※会社の住所が複数の県にまたがる場合は、「兵庫県知事」の部分が「国土交通大臣」となります。

2.閲覧できる場所を確認

兵庫県では、平成27年度申請窓口・問い合わせ先一覧に閲覧ができる課の住所が記載されています。
営業所(本社)の場所によって、閲覧できる場所が異なりますので注意しましょう。
また、国土交通大臣認可の事業者の場合、国土交通省近畿地方整備局において閲覧することが可能です。
詳細は以下にお問い合わせ下さい。

国土交通省近畿地方整備局建政部建設産業課建設業係 06-6942-1141(代表)

また、各事務所は平日の決まった時間しか開いていないことが多いので必ず事前に閲覧可能時間を確認するようにしてください。

3.実際に事務所に行き、確認

申請資料に名前や住所などの基本的な項目を記載すれば閲覧することができます。
ただし、持ち出しはできませんので転記、もしくはコピーすることになります。(※印鑑があるページは印刷はできません)

実際の建築業許可申請書の閲覧可能項目は兵庫県公式サイトの建設業許可申請書のページに記載してあります。

特に以下の項目は見ることをおすすめします。

  • 工事経歴書:過去にどのような工事を行ったか、またその受注金額を知ることができます。
  • 直前3年の各事業年度における工事施工金額
  • 貸借対照表
  • 損益計算書・完成工事原価報告書

契約の前には建築業許可申請書のチェックを

以上が実際の建築業許可申請書のチェック方法です。依頼する工務店といい関係を持ち続けるためにも建築業許可申請書は閲覧するようにすることをおすすめします。

また、ロカリエでは建築業許可申請書の内容も踏まえた上で、工務店をご紹介しています。
兵庫県の工務店をお探しの方は、よろしければ以下よりお問い合わせ下さい。

RECENT POSTS/新着記事


Pocket

Recent Posts