Pocket

生涯で1番高価な買い物といえば、ほとんどの人が「家」になります。

家の購入には、大勢の人が失敗したくないと考え、慎重になりがちです。それもそのはず、家の購入はほとんどの人が初めての人で、何をどう進めていけば良いのかわからない事が多いので、慎重になるのも仕方ありません。

今回は一般的な注文住宅の場合のスタートから完成までの流れを紹介しますので事前準備に役立て、後悔しない家造りに役立てましょう。


1)出会い

インターネット検索や、チラシ広告、モデルハウス見学など、色々な出会いの方法があります。
自分の理想の家を建ててくれる大切なパートナーになる工務店探しです。焦らず、じっくり考えて決めましょう。
お困りなことがございましたら、弊社にお問い合わせ頂ければお手伝いさせて頂きます。

 

2)プランニング

どんな家を建てたいか、考えをまとめます。家族構成や趣味、これだけはというこだわりを話しをして意見交換していきます。
設計に自分の希望を入れた設計プランを立て模型やパース、プレゼン資料を作ってもらいイメージを持つ事が大事です。

3)概算見積もり

設計プラン通りだと、どれくらいの予算が必要になるのか。予算次第では、再度プランニングが必要になることもあります。

4)設計契約

予算が決まり、信頼できるかを確認して正式に依頼します。

5)図面作成

工事や本見積もりに必要となる図面を作成します。棚の寸法や、床の材料、壁の色、水栓金具まで、打ち合わせを重ねて図面を完成させます。併せて建築確認申請もこの段階で行います。

6)本見積もり

図面が完成すると、本見積もりが出てきます。予算内で収まっているかを確認します。

7)契約

家造りのパートナーとして、正式に契約を行います。

8)地鎮祭

土地の神々の霊を鎮め、永遠の加護と安全成就を祈願してもらいます。

9)工事着工

建築工事が実際に進みます。現場に出向き大工さんと顔を合わせておきましょう。

10)上棟式

基礎工事後、無事に上棟したお祝いをします。工事関係者を労う意味もあります。

11)現場打ち合わせ

コンセント位置や、棚のサイズなどの細かな最終打ち合わせです。

12)竣工検査

現場の責任者と建築主が立会いながら検査を行います。不具合などがあれば補修等を行います。

13)引き渡し

建物は完成し、引き渡し書類一式と鍵を受け取り、新居での生活が始まります。

14)定期点検

長く快適に住めるよう管理も必要です。小さな困り事でも、早急な対応をしてもらえるか契約前の段階で確認を行いましょう。
定期的なメンテナンスが、家を長持ちさせる秘訣です。
後悔しない家を建てる為にも、事前準備をしっかりと行いましょう。

RECENT POSTS/新着記事


Pocket

Recent Posts