1. TOP
  2. リノベーション
  3. 悪質な業者に頼まないためのリフォーム工務店選び

悪質な業者に頼まないためのリフォーム工務店選び

ほとんどの工務店は誠心誠意、仕事をしてくれるのですが悪質な業者が一部いることも事実です。
その一部の業者に当たらないためにどうすれば良いか。今回は、リフォームの工務店の選び方というよりも最低限、悪質な業者に当たらない方法を記載していきます。良いリフォーム工務店選びについては別途書いていきます。
皆様が、良い工務店と巡り合えることを願っています。

複数社見積りを出す

一番してはいけないのが、営業マンのトークを鵜呑みにしてしまい他社の話を聞かずに決めてしまうことです。
どうしても自分に都合のいいことを優先していってしまう方も多いため、必ず複数社の話を聞くようにしましょう。
また、工務店にも得意不得意があります。悪質な業者に頼まないという意味だけではなく、自分のやりたいリフォームにあった工務店に出会うためにも複数社の話を聞くことをお勧めします。

実績は問題ないか

先ほど、工務店にも得意不得意があるとお話ししたように、どの工務店にも得意分野とそうでない分野があります。
その判断に使えるものが過去の実績です。過去に自分がしたいと思っているリフォームと似た内容を実施しているのであれば、ノウハウは持っていると考えてよいでしょう。写真などの事例は見せてもらうようにしましょう。
また、独立したばかりの業者であれば、施工にあたる方の資格や過去の経歴を聞くようにしましょう。

団体に加入しているか

専門業者の団体などに加入しているかどうかも判断の目安になります。
兵庫県では「住宅改修業者登録制度」という制度があり、一定の条件を満たす業者を登録し、住宅改修工事の請負の実績などを一般に公開しています。
この制度に加入するには兵庫県の審査が必要ですので、ここからであれば問題のないと判断された業者を探すことができます。
※優良業者であることを保証するものではないのでご注意ください。
※当制度に加入していなくとも優良な業者はいます。

なお、住宅改修業者登録制度で見ることのできる情報は以下の通りです。

  • 商号、氏名又は名称及び住所並びに法人の場合は、その代表者の氏名
  • 申請者が未成年者の場合は、その法定代理人の氏名及び住所
  • 住宅改修業の種類
  • 直前3年の各営業年度における住宅改修工事の施工件数および施工金額
  • 知事が指定する研修の受講状況
  • 建設業法第3条の規定に基づく許可を受けている場合は許可番号、許可年月日、許可の種類
  • 営業所の名称、所在地、電話番号、契約主任者の氏名、技術主任者の氏名
  • 登録年月日、登録番号、電話番号、FAX番号、メールアドレス、ホームページアドレス、営業時間、定休日、PR、代表者写真、従業員数、住宅改修業を始めた年、営業エリア、資格者数、保険加入状況、得意とする住宅改修工事の種類、加入団体名称、施工事例(写真、工事金額、工事概要)

これらの情報は登録住宅改修業者検索システムで確認することができます。

以上が悪質な業者に騙されないために最低限していただきたい内容になります。
ロカリエでもあなたにあった工務店選びのお手伝いをしています。
兵庫県のリフォーム工務店をお探しの方は以下よりお問い合わせください。