Pocket

Which20way_answer_2_xlarge

戸建てを購入する際の選択肢は主に2つ!

戸建て住宅購入を考えた際に、選択肢として大きく分けると2つあります。
ハウスメーカーや地元の工務店が規格通りに建てた建売住宅と自分好みに家をカスタマイズできる注文住宅です。

昔であれば、戸建てといえば注文住宅が主流でしたが、地下の高騰や不景気などが重なり、これまでは戸建てを建てていた土地を細かく区切り、その上に、建物をのせて販売する方法が広がりました。これが建売住宅と呼ばれております。

基本的に、顧客のニーズに合わせて建築する必要性がない為価格は、注文住宅と比較して低価格で販売すること可能です。これが建売住宅の最大の特徴です。

すなわち、住宅購入にあたって「価格」を最優先で考える人にとっては建売住宅をオススメすることが出来ます。ただし価格の安さには、それだけの理由があります。


 

建売住宅が安い理由

  1. 個別の希望を伝えることは出来ない。
    • 間取りなど少しの変更であれば可能な場合もあります。

     

  2. 無理な間取りが多い
    • これには理由があり、建売住宅が人気なエリアとして都市圏が上げられます。都市圏では狭小地に建物を立てる事が多く、細かく区切った3LDKや、4LDKが多く見られます。

     

  3. 建築基準法の最低条件をクリアしただけの場合も多い。
    • 低価格を売りにしたい、建売住宅の場合「住み心地」を考えていないケースがある建売住宅が決して悪いわけではないのですが、そもそも建売住宅は「価格」を重視する顧客向けの商品であることを認識しておくべき必要が有ります。

 


 

結論として、戸建て購入を考える際に「価格が安い」を重視する人以外はまずは注文住宅について調べて見ることをオススメします。

Pocket

Recommended Posts