Pocket

YKK AP社がなんとも面白い窓を開発している。
新築の家を建てるとき、リフォームをするとき、窓のことをどれだけ考えるでしょう。おそらく、その優先順位は低いのではないでしょうか。
そんな状況も未来では変わっているかもしれません。

ディスプレイ窓という新しい発想

窓=ガラスという固定概念のようなものがありますが、今回の窓は窓+ディスプレイです。
いったいどのような窓なのでしょうか。動画を早速見てみましょう。

この窓の特徴はなんといっても多機能であることでしょう。
天気や花粉・PM2.5の情報やお絵かきそしてテレビを見たり音楽を聞いたりすることができます。

他にも太陽の光を調整することも可能です。これならカーテンもいらなくなる時代が来るかもしれませんね。

他にも様々な機能を追加しようとしており、例えば以下のものがあります。

  • 人の動きを検知して、長時間動きがないときは急病と判断し、外に向けて「SOS」マークを表示。
  • 登録している人以外が侵入した際も同様にアラートを表示。
  • 室内の温度湿度や、室内にいる人間の体温などを記録。

などなど、様々な機能を取り付けていくようです。
実用化にはまだかかりそうとのことですが、家を新築したり、リフォームしたりするときに窓のことを考える時代はそうとおくなさそうです。
兵庫県の家もこんな家が増えていけばいいなと思っています。

YKK APのこの商品M.W.のコンセプトページはこちらから。

RECENT POSTS/新着記事


Pocket

Recent Posts