1. TOP
  2. 住宅
  3. 兵庫県の新築補助金情報まとめ

兵庫県の新築補助金情報まとめ

新築の家を買おうと思ったときやリフォームをしようと思ったとき、必ず活用していただきたい制度がこの補助金・給付金などの助成制度です。
知らなかったために、本当はもらえるはずだった○○万円が手に入らなかった・・・という人は少なくありません。
まずはこのページの内容をしっかりとメモしていただければ、悔しい思いをすることは減るのではないかと思います。
今回は特に、兵庫県で使える補助金・給付金制度についてご紹介しますが、もちろん全国で使える補助金制度もたくさんありますので、一緒に御覧ください。


兵庫県民ならだれでも使えるお得な制度

住宅ローン・融資制度

こちらは、長期固定低金利融資制度です。兵庫県産の木材で建築する場合、県と金融機関が協力し、資金を融資します。
詳しくは、兵庫県公式サイト県産木材を利用した木造住宅の建設促進ページをご確認ください。

また、当制度の基準を満たし、新築・増改築、リフォーム等をする場合の特典として、
県産コシヒカリや神戸ビーフ、松葉ガニなど兵庫県の名産品と交換可能な「ひょうご木づかい王国ポイント」が県より付与されます。
新築・増改築等の場合は、15万ポイント。リフォームの場合は3万ポイントとなります。
詳しくはひょうご木づかい王国のページをご確認ください。

耐震工事に対する補助制度

阪神淡路大震災を教訓に、新たに創設された新しい制度で、主に耐震性度を高めるためのリフォームに対して補助金がでます。
対象となる金額と対象者は以下のとおりです。

1.対象となる方
兵庫県内に対象となる住宅を所有し、耐震改修工事を意図される方(個人、法人でも可)
2.対象となる住宅
下記の条件をすべて満たす住宅で、共同住宅、賃貸住宅及び店舗等併用住宅も含まれます。
(1)昭和56年5月31日以前に着工されたもの
(2)特定行政庁から「建築基準法」第9条に規定する措置が命じられていない住宅
(3)耐震診断の結果、次の条件を満たすもの
ア 木造住宅の場合
a耐震診断の結果、上部構造評点が1.0未満のもの
b「わが家の耐震診断推進事業」(H12~14)、「簡易耐震診断推進事業」(H17~)で、評点が1.0未満であると診断されたもの
イ 非木造住宅の場合
a 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造(1次診断)構造耐震指標(Is)が0.8未満
b a以外 構造耐震指標(Is)が0.6未満
(4)兵庫県住宅再建共済制度に加入している住宅又は加入する住宅
3.対象となる費用
安全性を確保するための耐震改修計画の策定(補強設計及び工事見積の作成)とそれに伴う耐震診断に要する費用
4.補助額
対象となる費用の3分の2以内とし、戸建住宅は20万円、共同住宅は12万円/戸を限度

詳しくは、ひょうご住まいの耐震化促進事業のページをご確認ください。

バリアフリー化に対する補助制度

兵庫県の人生80年いきいき住宅助成事業では、高齢者等に対応した住宅のバリアフリー化改造に要する経費の一部を助成しています。
現在、4つのタイプがあり、それぞれ以下のとおりです。

  1. 住宅改造・一般型
    • 60歳以上の高齢者と同居している世帯で、今住んでいる家をバリアフリー改造したい場合。
  2. 住宅改造・特別型
    • 介護保険の要介護・要支援の認定を受けた方または障害者手帳などをお持ちの方が、自宅で自立して生活できるように身体の状態に適した改造をしたい場合。
  3. 増改築・一般型、増改築・特別型
    • 住宅改造・一般型や住宅改造・特別型の助成と併せて増改築をしたい場合。経費を追加して助成します。
  4. 共同住宅(分譲)共用型
    • 分譲マンションの共用部分を高齢者や障害者をはじめだれもが住みやすくなるように、バリアフリー改造をしたい場合。

詳しくは人生80年いきいき住宅助成事業をご確認ください。


兵庫県市町村別助成制度

兵庫県の市町村別の助成制度は多くなりすぎるので今回は割愛しますが、以下のサイトから探すことができます。

不動産ジャパン

それぞれの市がユニークな補助金・給付金制度をだしていますので、ご自身の市町村の制度をぜひご確認ください。


全国の助成金・補助金制度

こちらも以下のサイトを確認するのが便利ですのでぜひご確認下さい。

住宅の補助金・減税・優遇制度オールガイド

兵庫県の新築・リフォームの助成金制度は必ずチェック

せっかく兵庫県に住むのですからしっかりとその恩恵を受けて下さい。
また補助金や給付金の制度は都度変わることがあるので、家を建てる前はしっかりとみるようにしましょう。