兵庫県に移住して、農業をする方法 最初のステップはここから

投稿日:2019年2月18日  最終更新日:2019年2月20日

定年後はゆっくりと田舎で、農業に従事しながら暮らしたい。都会の喧騒から離れ、悠々自適なセカンドライフを送るにはどのようにすればいいのでしょうか。

兵庫県ではこうしたニーズに応えるべく、様々な制度や仕組みを提供しています。
今回は、実際に兵庫県で就農する際に使うべき、サービスと、すべきことをご紹介します。

兵庫県での農業体験

定年後に農業をやりたいとしても、今まで一度も農業をしたことがなければ、どの程度体に負担がかかるのかなどもわかりません。
そのため、農業をしたことがない人はまず兵庫県で農業体験をしてみることをおすすめします。
以下の兵庫県楽農センターは、これから兵庫県で農業を始めたいという人にとって最適なサービスを提供しています。

兵庫県楽農生活センター 体験イベント

兵庫楽農生活センターでは多くの人が気軽に農業を体験できるように様々なプログラムを提供しています。
親子農業体験では米作りが体験できたり、きのこ、ぶどう、野菜などの栽培体験、そして農産物の加工を体験することができます。
農業というものの雰囲気をまずは掴んでみたい人にはおすすめの体験コースです。

体験イベントの詳細はこちらをごらんください。

農業について学ぶ

具体的に農業について学び、研修を受けたいという場合も先程ご紹介した、兵庫県楽農生活センターが役に立ちます。

兵庫県楽農生活センター 楽農学校

兵庫県楽農生活センターの楽農学校では新規就農駅前講座、就農コース、生きがい農業コース、有機農業塾、農業後継者育成など週末の座学コースから実地研修まで一から丁寧に教わることができます。

農機レンタルや農村ボランティアの募集、農林漁業体験なども行っており、兵庫県で就農したい人の入り口として、魅力的な構成になっています。

ひょうご就農支援センター

ひょうご就農支援センターでは、就農を希望する人に対して、体験研修、就農、農業経営の相談と支援を行っています。
実際に、農業で生計を立てようと思っている方は具体的な話が聞けるのでまずは問い合わせてみることをおすすめします。

田舎暮らしの先輩に聞く

先に同じように都会から田舎に越してきた人の話を聞くのは、都会との違いを把握する上でとても役に立ちます。

兵庫で田舎暮らし~多自然居住支援サイト~では都会を出て、田舎暮らしをしている方へのインタビューや物件紹介などを行っています。
まずは先に同じことをした人の考えを聞いてみるのはどうでしょうか。

各市町村ごとの就農支援を確認する

各市町村でも就農の支援をしており、補助金、助成金をだしている市区町村もあるので必ず確認しておくことをおすすめします。
また、農地を貸したい人と借りたい人の仲介をしている市もありますので、兵庫県で農業を始める際の大きな助けになるかと思います。

神戸市

新規就農希望者向け情報

宝塚市

新規就農について

川西市

市民ファーマー

加西市

「農に生きる かさいで生きる」(定住就農への誘い)

宍粟市

新規就農・定住促進事業奨励金

太子町

新規就農者への支援情報

豊岡市

農林水産課

養父市

企新規就農者の募集について

朝来市

移住新規就農者研修費補助制度
移住新規就農者向け住宅情報

篠山市

産業振興部農政課

洲本市

産業振興部農政課

就農イベントに参加

兵庫県では様々な就農イベントを開催していますので、まずはそこに参加してみるのもイメージを掴むのに役に立つはずです。
予定のあうイベントがあればぜひ参加してみてください。

都会を離れ、農業を始めるというのは全く新しい体験だという人がほとんどだと思います。
大きな決定だと思いますので、まずは今回ご紹介したようなサービスを使って、情報収集や体験をしてみてください。

この記事に関連するタグ:兵庫田舎暮らし移住

シェアボタン 関連記事
ロカリエは兵庫県の工務店や新築、一戸建ての情報を更新するサイトです。 ロカリエでは兵庫県の工務店情報を中心に更新しています。新築を建てる前に見たい、施工事例やモデルハウス、イベントなどなど。 兵庫県のローカルサイトなので、兵庫県にお住まいの方、これから住もうという方にはとても便利な情報が盛りだくさん。ぜひ御覧ください。