Pocket

中古住宅と新築住宅、どちらを買ったらいいものか。迷ったときはこの記事を読んで頭を整理してみてください。
中古住宅を買う前に必ずチェックして欲しいことを書いていますので、住宅購入を考えている方にはおすすめの記事です。

中古住宅購入のメリット

まずは中古住宅のメリットを見ていきましょう。

低価格で購入可能

中古住宅のメリットはまずなんといっても価格にあります。この中古住宅の金額は多くの業者が不動産流通推進センターの価格査定マニュアルにしたがって金額を決めています。
家は購入と同時に査定価格は下落していき、木造の築20年の家は査定価格がゼロ円ということも珍しくありません。

新築に比べるとどれくらい安いの?

建築と同時に査定価格が減っていくため、中古住宅は当然ながら新築住宅よりも安くなります。では、どのくらい安くなるのでしょうか。
国土交通省の「平成24年度住宅市場動向調査」によれば住宅別の購入平均価格は、注文住宅が3614万円、分譲住宅が3597万円、そして中古住宅は2192万円となっています。
つまり、中古住宅の購入者は注文住宅や分譲住宅に比べると1000万円も安く購入しているということになります。

リノベーションで自分好みの家に

既にお話したように、新築に比べるととても安く価格で購入が可能なためリフォームをすることを前提で中古住宅を購入される方も多いようです。
実際、リノベーションにかかる値段の相場は500万円~700万円程度のため、新築を買うよりも安くなることがあります。

敷地が広く、ゆとりがある居室が多い

築30年前後の家に限ったお話ですが、ゆとりがある居室がある家が多い傾向があります。これは、1972~1974年のベビーブームが原因で子供が何人もいる家があったためです。こうした住宅であれば、リフォームと合わせることでいい家を安く購入することができる可能性もあります。

政府によるバックアップ

2010年の新成長戦略において「中古住宅・リフォーム市場の倍増」という目標が掲げられました。新築中心の住宅市場から、リフォームにより住宅ストックの品質・性能を高め、中古住宅流通により循環利用されるストック型の住宅市場への転換を図ることを目的としています。

主に環境整備や情報開示などの面で市場を改善していくというプランを立てています。
詳しくは中古住宅・リフォームトータルプラン(PDF)を御覧ください。

以上が、中古住宅のメリットになります。もちろん、考えればわかることですが、「実物が見られて、生活をイメージできる」や「完成しているのですぐに住める」といったメリットもあります。
それでは、次にデメリットを見ていきます。

中古住宅のデメリット

価格が安く、リノベーションと合わせれば新築並みの家を購入できる可能性がある中古住宅ですが、もちろんデメリットもあります。それでは、デメリットを見ていきます。

経年劣化や欠陥の不安がある

まず一番大きな問題はこれではないでしょうか。また、最近は少ないと思いますが、1981年以前の建物のの場合、現在の耐震基準を満たしていないこともありますので予めチェックするようにしましょう。
また、シロアリやカビなどにより基礎となる部分が侵食されていないかのチェックも重要です。このように見えない構造部分に欠陥がある可能性があることが最も大きなデメリットかもしれません。

瑕疵担保責任でリスクを回避

こういった欠陥のリスクから買い主を守るために瑕疵担保責任というものがあります。購入した後に欠陥が見つかった場合に、売主が買主に対して負う責任のことを言います。買主がその住宅に瑕疵があることを知ってから1年以内であれば、売り主に対して損害賠償を求めることができます。
つまり、「瑕疵があることを知ってから」ということですので、10年後に気づいても、その後1年以内に賠償請求すれば通るということになるのです。
通常、このままだと売り主のリスクが大きくなりすぎるため「瑕疵担保責任を免除」「引渡後1~3ヶ月のみ有効」といった取り決めがされます。

仮に、瑕疵担保保険の免除が契約に入っている場合、購入前の住宅診断(ホームインスペクション)は必ず実施することをおすすめします。
兵庫県で住宅診断をお考えの方はお問い合わせ下さい。

住宅ローン審査が厳しい

中古物件の場合、担保となる家の査定基準があいまいです。そのため、金融機関で担保価格を再計算する可能性が高く、貸出額が希望額に届かないこともあります。結果、ローンの審査が厳しいということになります。

アフターフォローの体制が整っていないことが多い

どのような会社から購入するかにもよりますが、アフターフォローが整っておらず結局何もかも自分でしなければならず、出費がかさんでしまった、ということもあります。購入前にはしっかりとアフターフォローのことも確認するようにしましょう。

中古住宅は買うべき?

価格面ではやはり中古住宅を買うメリットが大きいでしょう。リフォームやリノベーションを同時にすることで新築を買うよりも安い価格で新築同様の家にすることも可能です。
一方で、目に見えない部分の瑕疵がある可能性も考慮して住宅診断は必ず行うことをおすすめします。

いい家が見つかるといいですね。

RECENT POSTS/新着記事


Pocket

Recent Posts